logo

お勧めバイナリー

バナー

FXとは バイナリーオプションとは

 

FX初心者のために


最近話題のFX、興味はあるけれど、実際のところ何をどうしたらいいのか全然わからない、という人も多いと思います。
そんな人は、FXというものが、どういう仕組みで稼ぐことができるものなのかを勉強する必要があります。

FXとは外国の通貨の売買を行うことですが、利益を得るためには、安く買って高く売ることが大切です。

海外旅行に行くとき、両替所で円をドルに替えるでしょう。
為替レートが1ドル=100円の場合、10万円を両替すると1,000ドルになります。

日本に帰国して、改めてその1,000ドルを日本円に戻そうとするとき、1ドル=110円にレートが変わっていたら、手元に戻るのは11万円になり、10,000円の利益を得ることになるます。

あるいは、日本で銀行に100万円を預けた場合、金利が0.1%ならば、1年間で100円の利息が付くことになります。

しかし、日本円ではなく外国の通貨を保持していると、各国の通貨ごとに金利が異なるため、米ドルなら1.0%、ユーロなら2.0%、豪ドルならばなんと5.0%の利息が付きます。この金利の差は「スワップポイント」というものです。

FXの証拠金取引ってなに?


外国の通貨を保持するといえば、外貨預金というものもありますが、この外貨預金とFXとの大きな違いがこの証拠金制度です。

証拠金制度にはレバレッジ(証拠金率)という概念があります。
例えば、1ドル100円の場合、10,000ドルを買おうと思ったら100万円が必要になります。しかし、レバレッジが4倍なら4分の1の25万円で買うことができるのです。予算が100万円あるなら、40,000ドルまで買えるということです。

1万ドルのトレードなら、5円円安になると5万円の儲けとなりますが、レバレッジ4倍なら20万円の儲けとなるわけです。

しかし、レバレッジも良いことばかりではありません。
得をするときに4倍になるということは、損をするときにも損害が4倍になります。

FXはリスクが高い?


利益だけでなく損害も倍になってしまうとなると、やはりリスクが高い、怖いと思ってしまうかもしれません。
しかし、レバレッジとは取引する人自身が設定するものなので、知らないうちにレバレッジが10倍になってた!などということはありません。

また、損が広がらないように食い止めてしまう逆指値注文というものがあり、これを利用すれば、自分の予想を超える損失は出ません。

FXで重要なのは業者比較と投資スタイル


短期で取引するなら、スプレッドなどの取引手数料が少ない業者を選ぶことが大切です。スワップ金利はほとんど関係ないので、少なくても問題はないでしょう。

中長期保有して取引するなら、逆にスワップ金利が高い業者が有利になります。

FXを始めたいと思ったら、まずは自分がどんなスタイルで取引するのかを明確にすることが大切です。そのスタイルにあわせて、業者を選ぶことになるのです。

そして、短期取引でも中長期取引でも、同時に重要になるのは、サーバーの安定、性能が良いことです。FXでは、瞬間的な取引が多いので、この点で業者を選び間違うようなことがあると、大きな損益につながることもあるのです。サーバーに関することは、口コミや評価などを参考にすると良いでしょう。

業者を選ぶためには、性能やシステム以外にもチェックするべき項目はたくさんあります。

例えば、業者が倒産した場合、預けておいたお金が一部しか戻らない、という状況に陥ることがあります。そうならないためには、業者の預り金に対する資産が何%なのかも、あらかじめチェックしたいものです。また、FX業者には信託保全に加入する義務がありますが、その内容が一部なのか全額なのか、さらには毎日計算、週計算、月計算なのかまで確認しておくとなお安心して取引を行うことができるでしょう。

FXの業者を比較するには、手数料やスワップ金利を比較するだけでは十分とはいえないのです。その業者の状況や、保障内容、サーバーの安定性まで見極めたうえで選ぶことが大切です。


 

バイナリーオプションについて


バイナリーオプションとは、「オプション取引」の中でも、「エキゾチックオプション」と呼ばれる、条件つきのオプションです。条件つきというとややこしくなる、というイメージがあるかもしれませんか、取引の場合には、条件を設定することで投資のルールを簡単にするという目的があります。バイナリーオプションの「バイナリー」とは2つの選択肢から1つを選ぶ、という意味で、トレーダーは「上がる」か「下がる」かを予測するだけでいい取引となっています。

もっともシンプルな基本のバイナリーである「ハイ&ロー」であれば、終了時に今よりも価格が上がっているか下がっているかを選択することになりますが、他にもスタート時から終了時までの期間に、あらかじめ指定された枠内で価格が推移「するか」「しないか」を選択する取引や、期間中1度でも指定の価格に「届くか」「届かないか」を選択する取引などもあります。

また商品についても通貨ペアの他、商品先物や株式などを取り扱っている業者もあり、自分の得意な商品で投資することができるようになってきています。

バイナリーオプションが人気な訳


登場以来、日本でも多くの人が利用しているバイナリーオプションですが、その人気の理由はどこにあるのでしょうか。その特長をまとめてみました。

■ルールがシンプルで簡単

とにかくルールが簡単です。長期的な資産運用でみると少し話は変わってきますが、言ってみれば、特に市場や取引に関する知識がなくても、直感的な判断で利益を出すことも可能なのがバイナリーオプションです。

注文を出したら、基本的にはそのあと特に何かする必要もなく、終了時刻に決済されるのを待つだけ、と取引の全容もとてもシンプル。馴染みのある通貨ペアであれば、値動きのイメージもつかみやすいはずですから、トレード初心者の方の入門用取引としてはぴったりです。

■短時間で決済される

短い時間で決済できる、というのもバイナリーオプションの大きなメリットです。数日間に渡ってチャートを追う、というような必要はありません。早いものでは1分、長くても1日以内に決済されますから、利益も損失も確定がスピーディ。会社員の方や主婦の方でも、空いた時間を有意義に利用して、取引を行なうことができます。

■損失は投資額のみ

投資というと、失敗すればどんどん損失が広がってしまい、資産を失うだけでなく借金まで負うことになるのではないか、という不安をお持ちの方も多いと思います。が、バイナリーオプションでは、損失が出る、つまり予測が外れた場合でも、はじめに投資した金額のみが損失となり、それ以上に広がることはありません。

■価格変動をあまり気にしなくてよい

FXや株式投資でよく行なわれる投機的な利益の出し方は、市場の動きが大きいときを狙って売買を繰り返していくものです。が、バイナリーオプションの場合には短期間の決済になるため、動き自体の大きさはあまり関係がありません。また、レンジ取引など、価格の動きが小さいときに予測がしやすいバイナリーオプションもあります。

■権利放棄や途中清算を利用してさらに安全に取引

損失額があらかじめ確定しているため、非常にリスク管理がしやすいというメリットがあるバイナリーオプションですが、さらにその安全性を高めるため、決済前に権利放棄して投資額の払い戻しを受けられる仕組みや、途中で清算する仕組みのある業者もあります。

■統計的に利益を出している人が多い

バイナリーオプションはFXを扱っている業者でも、通常の投資とは別口座を設定するのが普通ですが、統計的に、月ごとの利益をみると、通常の口座よりもバイナリーオプションの口座のほうが利益が出ている率が大きいとのこと。リスク管理のしやすさが黒字に転じている、と考えられ、バイナリーオプションは少額投資ながら、利益を確実に出せる可能性の高い取引といえます。

バイナリーオプションで注意したいポイント


さて、バイナリーオプションのメリットを中心にここまでみてきましたが、メリットがあればデメリットも存在します。双方を理解してこそ利益につながるのが投資です。以下に、今度はバイナリーオプションで注意すべきことをまとめてみましたので、こちらもぜひ頭にいれておいて下さい。

■勝率だけで考えるのは危険

二者択一ということは、単純に予測があたる確率は5割と考えられます。が、実は2回に1回あたっているだけでは、投資額はプラスマイナスゼロではなく、マイナスになってしまいます。

その理由は、バイナリーオプション業者が設定しているペイアウト率のためです。バイナリーオプションでは、口座開設手数料や取引手数料をとられることはまずありません。けれどもそうなってくると、業者の利益が発生しなくなってしまいますね?業者の利益は、ペイアウト率という形で、取引利益の一部が業者に入り、確保されます。

ペイアウト率なしであれば、予測が当たれば、投資金額の200%がトレーダーに払い戻されます。ペイアウト率は業者によって違いますが、160%から180%くらいのことが多く、残りの40%?20%は業者の利益になる、ということになります。仮に勝率5割だとしたら、元の資金は目減りしてしまうわけです。

■長い目でみれば勉強は必須

非常にルールが単純なため、投資というよりギャンブル感覚で行なう人も多いバイナリーオプションですが、長期的に、かつ確実に利益をあげていくためには、やはりチャートや市場を分析する力は必要になります。少額投資である分、その労力が見合わないと感じる方も中にはいるかもしれません。

■権利放棄ができない業者では「取り返しがつかない」


注文を出して以降、取り消しが効くかどうかは、業者によって状況が違います。権利放棄ができない業者を利用している場合は、FXのように損切りを行なうことができないため、損失に向かっていることがわかっていても、損失確定まで見守るしかなくなります。

以上、バイナリーオプションのデメリットでした。そんなに複雑なデメリットではないと思いますので、しっかり考慮して取引を行なえば、失敗は十分避けることができるといえるでしょう。

 
FXとは バイナリーオプションとは - 4.7 out of 5 based on 7 votes
ユーザの評価: / 7
悪い良い 

ALL RIGHT RESERVED @WILDBINARY.COM