logo

ThinkForexT比較詳細 - FX最新比較

 

<Think Forex> オーストラリア政府認証FX!


ThinkForexは2010年にオーストラリアの証券取引委員会から正式に認可を受けサービスを開始した海外FX業者です。開始したのが2010年なので歴史は浅いですが、近年目を見張る勢いで利用者数を増やしている今注目の海外FX業者です。


ECN方式を採用しているThinkForexは、FX業界でトップクラスの低スプレッドが提供されており、圧倒的なシェア率を誇るメタトレーダー4、Speed Traderなど各種取引ツールを使用した取引も可能となっています。


しかも安定性が非常に高い無料VPSホスティングサーバーが提供されているので、安心して自動売買を行うことができるのです。

 

HP 会員取引ページ


thinkforex口座開設

Think Forexは日本語のサービスが充実!!


ThinkForexは日本語のサポートサービスが素晴らしいのが特徴です。20011年7月から日本語サービスが開始され、ホームページや取引ツールの表記を日本語で閲覧いただくことができます。


海外FX業者というと外国表記というイメージがありますが、ThinkForexはその概念を変えました。電話、メール、チャットなどカスタマーサポートサービスも日本語で対応しているので、英語が話せない方でも安心して利用することが出来るのです。


日本語サポートサービスが充実している他にも、セキュリティー面でも安心です。SSLシステムにより顧客の個人情報は万全な体制で保護されており、顧客の資産と会社の資産を分離することでトレーダーの資金も安全に保護されているのです。


また約定力の高さも定評があり、NDD対応により注文が迅速に市場に流れるためチャンスを逃しません。


しかしながらThinkForexにもいくつかの欠点はあります。口座開設後に後悔しない為にも口座開設前にしっかりとThinkForexの注意すべき点を把握しておく必要があります。


・システムの安定性

サーバーや回線の反応はほとんど良好なのですが、実はシステム面にやや不安があり、取引時間中にThinkForexのシステムがダウンしてしまい、トラブルになった事例も少なくはないのです。ですから利用する時はどちらかというとメインのVPSではなく、サブ的な要素として活用した方が無難かもしれません。


・ネットバンクへ出金

FXトレードで利益を得てある程度までいったら、自分の銀行口座に出金をということになります。しかしThinkForexの場合、海外のFX業者ということもあり、日本国内の銀行に送金するのが少しややこしいのです。出金の手続きの際は「Swift(スウィフト)コード」と呼ばれる一般的に知られていない番号を入力しなければならず、しかもそれを自分で調べなくてはならないのです。それに肝心のスウィフトコードが存在しない金融機関もあるので、出金手続きすらできない場合もあるのです。


クレジットカードからだとショッピング枠のキャンセルとして出金するという方法を利用できるので、クレジットカードをお持ちの方はその方法をとった方が良いかもしれません。

 

基本情報 @ Think Forex


会社所在地:
オーストラリア
創業: 2010年
メアド: support@thinkforex.com
デモ口座: はい
初回入金時のボーナス: 50%までのマッチボーナス
認証: はい

 

 

押さえておきたいポイント @ Think Forex

 

アカウント種別 スタンダード プロ アルゴ cTrader
最低入金額

250ドル

2,000ドル 25,000ドル 250ドル
レバレッジ

500倍

最小取引単位 1,000単位 10,000単位
利用手数料 無料
口座保有手数料 無料
デモ口座 あり
主要スプレッド AUD/USD、EUR/USD ( 0.2 pip~)

 


thinkforex口座開設


推薦BOリスト


24オプション

バイナリー88

ハイローオーストラリア

NRGバイナリー

スマートオプション

オプテック

トレードラッシュ

推薦FXリスト


XEマーケット

アイフォレックス

アイガイタメ

FXネット

ペッパーストーン

イートロ

ThinkForex

ユートレードFX

 
ThinkForexT比較詳細 - FX最新比較 - 5.0 out of 5 based on 1 vote
ユーザの評価: / 1
悪い良い 

ALL RIGHT RESERVED @WILDBINARY.COM