logo

比較アンケート

どの企業が好き?
 

お勧めバイナリー

バナー

裁量トレードとシステムトレードどっちが勝てる? PDF 印刷 Eメール

FXトレードには、大きく分けて二種類のスタイルがあります。一つは、「システムトレード」です。システムトレードとは、事前に決めておいた取引ルールを機械的に継続する手法のことです。


買いシグナルが出れば買い、売りシグナルが出れば売る。一切の例外を排した極めてシンプルなトレードです。システムを構築するまでが大変ですが、ひとたびパターンが確立すればあとは単純作業の繰り返しであり、非常に初心者向けと言えます。

 

もう一つは、システムトレードの対極的存在である「裁量トレード」です。裁量とは、自分の考えで物事を判断すること。すなわち、相場の状況を見ながら買い・売り・静観の選択をその都度トレーダー自身が判断していく手法のことです。


裁量トレードのメリットは、自由度の高いトレードを実践できることです。シストレの場合、過去のデータに基づいてすべての取引が行われるため、不測の事態に弱いという欠点があります。その点、裁量トレードなら自分の相場観を頼りに勝算の高い局面でのみ勝負することができます。


トレンド次第では、ポジション手仕舞いのシグナルを無視して好きなだけ利益を追求することができる強みもあります。


裁量トレードのデメリットは、トレーダーの感性への依存度が高すぎることです。移動平均線のクロス、ボリンジャーバンドの±2σ突破など、インジケーターによる根拠は視覚的にも明らかですが、トレーダーの「勘」はきわめて非科学的な要素です。


体調を崩している時や冷静さを欠いている時などに利益確定・ロスカットの判断が不安定になりやすく、下手をすると大損失を被る恐れがあります。そもそもチャート分析で相場のトレンドを見極めるにはトレーダー自身のスキルが必要です。判断力の乏しい初心者には不向きとも言えます。


なお、トレード手法に正解はありませんので、どちらのトレードを行おうとトレーダーの自由です。ただし、裁量トレードを行うのであれば、余計な私情を挟むことなく客観的に自分の取引を判断できるトレードスキルを習得する必要があります。


まずは、システムトレードに特化したFX業者のシグナル表示機能を活用して自分の相場観を磨いてみてはいかがでしょうか。どのタイミングで仕掛ければ勝ちやすいか経験で覚えていけば、自分の裁量トレードの精度がどんどん向上していきます。

 

ALL RIGHT RESERVED @WILDBINARY.COM